スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V-MAX in 福井 (m号 その4)

  こんばんは、今日は蒸し蒸ししてましたね
 

 僕はスゴロクで言う所の振り出しに戻る・・

ちょっと言い過ぎかな・・

三歩進んで二歩下がる!状態となりました・・(泣)。

世間の為替相場は予想通りですが、脚の予想は駄目でしたね・・・

こまったもんです・・・。




 
 
 →YOTUBEへカイゼン後の動画


動画で見ての通り14Vまで上がるようになりました、

勿論バッテリーは換えていませんよ。

弄ったレベルとしては高く無いですが基本に忠実に

配線関係をカイゼンしました。。

ただレギュレーターを変えただけでは有りませんよ!!


 カイゼン後はエンジン回転が低い状態から電圧は上がり、

エンジン回転数に左右されにくい安定した充電です。

これなら文句なしの充電系です。

何せ福井の方ですから何かあってでは困りますので、

入念に点検等します。


ちなみにカイゼン前動画






スポンサーサイト

V-MAX in 福井 (m号 其の三) 充電系etc

  さて、今度はフロントフォークシールの交換作業です。






別に普通の作業内容ですのでサクッと分解中。







工具が床にある?いえ、きちんとマットの上に置いてますから。

工具は基本マットの上かバットの中に入れています。







130130_133458.jpg





そんなフロントフォークを抜いて

分解洗浄し、乾燥して曲がりや傷の確認します。


130130_150604.jpg


抜いたオイルは・・・結構汚れていました

写真は無しです。



オイルグレード、レベル等は基本純正で行きます。

んで組み立ててフロントフォークの動き等をチェックしてから

ステムの動きを確認し、トップブリッジやフェンダー、

キャリパーをマウントしていきます。

ここも写真ありませんのでご勘弁を・・。







 そしてサービス部品として

ファクトリー寺田製の電動ファンスイッチを取り付けます!

ノーマルのラジエーターだと結構水温上がるので対策としてです。

(寺ポン、アリガトネ)





 そして充電系のカイゼンです。

V-MAXの気に入らない電気周りはレギュレートレクチファイヤーです。

特に初期から何年式か忘れましたが、RZVやFZ等も冷却フィン無しの

レギュレーター使ってまして俺は大嫌いでした。

メーカーはマイナーチェンジ後、冷却フィン付きのレギュレーターになりました

が!、まだ改善の余地あり!!


カイゼン前の動画←YOUTUBEへいきます




モチロンヘッドライトオンでハイビーム状態で計測です。

見ての通りアイドリング近辺ではそこそこ上がり、約4000rpmでは

電圧が下がり13.2Vですね・・。

充電されていますが、俺は低いと判断し、

カイゼン作業決定です。

僕の中では13.8Ⅴ以上ないと気に入りません(バッテリーの状態にもよりますがね)


とりあえず今回はここまでです

V-MAX in 福井 (m号 その2)

 書き忘れてた訳ではございませんが

VMAX-m号の納車整備その2です

ずいぶん引っ張るねーとか言わないでくださいませ。



 僕が気になってたのはキャブです、

空ぶかしでなんかビミョーな感覚あったので

先にオイルとオイルフィルター&ドレンワッシャー交換します。
                 ↑
          (アルミのクラッシュタイプ)
                  

エアクリーナーボックスを取り外しエンジンかけてみると


VMAXキャブレター確認動画










後ろバンク左のスロットルバルブが上がりません!!!

そしてスタータープランジャーも壊れております・・・・。

前のオーナーさん

VMAX900で乗ってたんですね・・・。

さぞかし3気筒以下のパワーじゃ・・・

遅いと思ってたでしょうね!・・・

だから売ったのかな?。





 でも

今度のオーナーさんには

キャブ直してフルパワー(本当のパワー)復活です




同調等は次回にアップしますのでよろしくお願いします。





    ~納車整備の続き~

m号は集合マフラーに変わってまして、カッコイイんですが

ノーマルマフラーと違いヒートプロテクター等無いので後ろバンク側の

対策しないといけません。




 

VMAXのバッテリーは後ろバンクのすぐ側に有るので熱的にかなり厳しいです。

よって納車整備の範疇には普通は入りませんが

気になるのでやらしてもらいます。




まずバッテリーケースの断熱



やる前のケース。



130128_131200.jpg





断熱材を貼り付けた後。






130128_132352.jpg



更に遮蔽版にも貼り付けます、

取り付けた後の

エキパイとバッテリーケースの

クリアランスを良く見てくださいね。




130128_134530_20130606221404.jpg


特にこの集合マフラーは

菅長を稼ぎたい設計みたいだからクロスしていますね、

よってクリアランスはノーマルマフラーと比べ物にならない位

少ないです。

このクリアランスではバッテリーヒーターになっちゃうと思いませんか??







まぁ、この作業はあくまで僕自身の考えであって、

トラブル防止の効果はどの位あるか判りませんが予防としては有りだと思います。



あと、ちょっとした事ですが

VMAXはバッテリーを外すのが大変なので



130128_163118.jpg


大したことじゃないんですが・・・・・

持ち上げるの大変だなーと思い

紐を通しました・・・

これもカイゼン??

・・・・些細過ぎですね・・・・・・。






そしてステップ周りは大典号と同じコアース製の

バックステップ着いてます。

が!

見た瞬間に直さなきゃ!!って思うくらい

調整やピロボールの状態がイマイチ


130128_130739.jpg



見た目で判りますよね?



一度全部バラシて洗浄し給油(チェンジ側も)。

そしてリンク位置の調整、目立たないがやらないとね!!

組みなおして調整後



130128_162349.jpg



気分スッキリで安心!。





そして

充電系の改良とフロントフォーク、ファンスイッチ、

その他に続きますが・・・・・・・

今回はここまでとします

でわ。



V-MAX in 福井 (m号 其の一)

こんばんは

だんだん日が伸びてきて一日の稼働時間が増えそうなんだが

増えない入院生活・・・。

全エネルギーを回復に向かわせる為、野生動物の本能でジッとしています。




 今回も入院前ネタですがお許しくだされ。




 某月某日に知り合いのバイク屋さんからV-MAXを欲しい人が居るから

車両見てきてくれないか?と

理由は購入予定者が福井在住で現車確認出来ない、更にそのV-MAXがうちの近くの

バイク屋(知ってるお店)さんの在庫。

そして紹介してくれたバイク屋さんの後輩というので納得し

いざ出陣。


 
 一応、その場でエンジンかけてみて異音等が無いか確認、

空ぶかしは軽く見る程度で(※少し?)、大事なのは車両をよく見ること。

じーーっと全体を見て違和感無し(これ大事)!

これなら良いんじゃない!!。

って事を

先方のバイク屋さんに報告し、更に直接お客様と色々お話しをして

・・・それで行きましょ!!って事に。





 んで

納車整備は俺がすることになりまして、

車両を引き取り持ち込んだ時が

これ

130125_180653 (1)



写真が下手なのは許してください。




とりあえず

整備に必要な部品は注文です

プラグ×4、フロントフォークオイルシール×2、マグネット付きオイルフィルター

エアクリーナーエレメント、※スタータープランジャー×1、レギュレーター。

んで

ちょっこっとバラシてみます


130128_125351.jpg









ついでにプラグも交換しちゃいます






130125_212725.jpg





左が使うJR8Cです

モチロン大典号も使用しておりましてお薦めです。







そしてエアクリーナー外した状態でエンジンかけて

点検(※すこし?が気になってたので)みると

・・・・・

動画アップしますので其の2までお待ちくださいませ。

最初で最後の TWO V-MAX  RUN 

 木曜日のの話ですみません・・。

同じV-MAX乗りの寺ポンの継続車検を横浜陸自で取る事になってます。

11時に寺ポン到着で代わりに大典号を渡します。

 お家の前で車検取得の為の改善作業しますが・・寒い訳です・・なんと雪が

舞っています・・。

その後横浜陸自に向かうが・・やっぱり雪・・むちゃくちゃ寒かったんですが

寺ポン号にはグリップヒーターがあるので大助かり!!。

横浜陸自も雪で・・陸自内をあっちこっちと歩き、納税確認や重量税、印紙等買い

即効でライン突入!最初はブレーキやスピードメーター検査ですが・・

syakennrainn  speed



スピードメーターテストでこれはマズイって状況です。

テスターのローラースピードに対してスピードメータの上昇が一致しません

このままじゃ受からないのでローラーの回転音で判断してスイッチを離さないと合格しません。

耳を澄まして40キロと思われる音でスイッチ離すと!!!!

無事にグリーンの合格ランプ!良かったちなみにそのときメーターは

35キロ指してました。その後はライトの光軸と光量はかり改善作業のおかげで無事OK

検査主任から合格印もらいホッとします。

その検査主任はトレーダー並みの画面チェックして各ラインの車検状況確認しています!!

kennsasyuninn.jpg


すごいですよね!

無事受かったところで一枚

syakenngoukaku.jpg

その後は

新しい車検証もらって


atarasii   syakennsyou



内容確認!!問題なし!!って

終了後車検場内で改善内容を元に戻して家まで一気です。


 帰宅後オーナーの寺ポンに連絡すると家が近所ですから直ぐに到着

同じ色のV-MAXが並びます。


two v max


 今回なんでこんなにあわてて車検取ったかって言うと、実は寺田君は事情あって

緊急にバイクを手放すんです・・・・。

春になったら一緒に走ろうと言ってたのですが・・非常に残念です・・。


 バイクを引き渡したら、世田谷にある車庫にバイクを持っていくとの事で

俺も一緒に途中まで走ります。

最初で最後のプチツーリングです、距離は短く家から多摩川渡りきるまでです。

走って直ぐ撮ってみますが

terada max1

いまいち

次は

terada max2

暗い!!

このデジカメで走りながら写すの初めてなんで・・

上手くいきません

この他にも何枚も撮るんですが・・・だめだめです。

後ろから撮ると

terada max 3


全然だめ・・


そんなこんなで多摩川の橋の上でで最後の一枚


terada max 4


何とかそれらしいの撮れました。


 その後分かれて俺は複雑な気持ちでした・・。

きちんと一緒に走りたいなと。

本人もそう想っているので今度こそ・・です。
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
プロフィール

アキラ

Author:アキラ
オートバイ全般。エンジンOH、補記類の改造及びセットアップをメインに作業しています。
旧車やハーレーの修理、NOS関連パーツ販売やリフィール。
オリジナル部品の製作販売もしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。