スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Z250FT 最悪折れねじ修理編 (エキゾーストスタッド) 

 
世間はGWらしいんですが入院患者には全く関係ございません。

薄皮を剥ぐスピードで良くはなってるのですが・・・・

人間はトカゲの尻尾みたいには行かないんですよね。




 これは去年の修理内容ですが予めご了承願います。

写真も少ないのですが・・・・


 エンジン壊れてると報告受けてドナーエンジンを載せることになったのですが

折れねじが二箇所(エキゾーストスタッド)あり、載せる前に修理。

さくっと座面削ると一個は行けそうですが・・一個は最悪と判明。


 それは折れたスタッドを抜こうとしてエキストラクター(逆タップ)が

折れてるんです。

一応普通のドリ刃(HSS)で軽くあててみるがやっぱり駄目(逆タップ等は硬いので当たり前)

流れてしまいます。

これはまじめにやらないと大事に発展しますので状況確認。


 写真を見ると判る通り逆タップがセンターからほんの少しずれてるし

ネジ径に対しエキストラクターが細すぎます。

120728_160447.jpg


折れネジ修理の基本は

一にセンター出し

二にセンター出し

三に垂直に確実に掘る(ハンドドリルの場合) 

四に焦らない事、確実な状況判断

と、思っています。

普通ならこんな状態の折れネジ修理は内燃機屋さんに

出したほうが賢明なんですが・・

行かしてもらいます~(折れネジ修理は結構好きなんですよね。)


 きっちりとポンチでセンター出しして

2ミリのドリ刃(材質は想像にまかせます)をあててあせらずハンドドリルで

掘って行きますが、垂直かどうかは目と勘が頼りです。

少しでもずれたり、曲がって横方向に力を加えると折れてしまうので(硬いドリ刃だから尚更)本当に慎重です。

そんな愚直なこと繰り返して無事に貫通!!

サイズアップして

更に慎重に掘ってエキストラクター部分を削除し、使うエキストラクターの

サイズにします。

ここまでくればゴールは近いのですが、焦るとろくなこと無いので慎重です。


貫通してるから奥に浸透剤(CRC等)吹きかけ少し時間おいてから

軽く叩き

いざ開始!

力を徐々に加えエキストラクターが食い込み・・・少しオーバートルクかな?

と思ったら

動いた!。

しかし焦っては駄目ここで更に浸透剤。そして軽く叩きまた抜きにかかります

そんな作業してここまで来たら余裕です。


120728_172318 (1)










使用してるのはスナップオンのエキストラクターです、一応他社のも持っていますが

これがお気に入りです。

抜いた後を含み全てのネジ穴にM6-P1.0のタップをあてて確認しOK

抜いたスタッドはこんな感じでした。







120728_172421.jpg





ほんの少し奥側がずれてるって感じで気に入らないです!!






もっと精進します。



スポンサーサイト

ドハマリ一周間   RG250編

  ここ一週間で、又いろんな事あって

書きたかったが・・書けませんでした。


朝の4時半納車やら・・

青山から自宅までレオナルドパンクの為押したりとか

レオナルドのクラッチ粉砕とか・・

試乗中にエンジンが・・・とか

試乗中に工具ロストとか

出張修理でハマるとか・・。

Z400のセルモーターの部品でなくて流用探すとか



とりあえずいっぱいありすぎて一週間の内店で過ごしたの3日・・。


よって今日書くのはRG250編

 

ドハマリ中・・。

  業者さまの納車整備中です・・。

深夜で時計はてっぺん指してます

車種はRG250とZ400J同時進行中・・

Z400Jは大した事無いがRG250がドハマリです・・。

業者様からの依頼ですから写真はNGです。

よって深夜の仕事はしないって言ってましたが

納車が秒読み(明日)ですので格闘中。

やるしかないです。

 
 そんな負の気持ちを

打ち消す一枚

メイです。

走りに行って相模湖の近くで休んだ時の一枚です



mnaymaymay!_convert_20120530235756.jpg




 今月はOVALとしての仕事で長年溜まってたマジェはご迷惑おかけしましたがクリア!

もう一台のマジェも最後の部品が来たのでクリアしそうです。

残りは三台・・頑張ります。


エキセントリックカムシャフト??  GS400編


  書くといって書けないでいました。

GS400のカムトラブルです・・。

何せGSは油圧が低いのでオイル管理をきっちりしないと

写真の通りジャーナルぶぶんが使い物にならないです



Gs400camshaft0023.jpg


そして削れるのはカムがリフトする時の反対側です(荷重かかるので)

GS400cam001.jpg


今度の写真のほうが見やすいですね。

もちろんカムホルダーも死亡状態ですが写真はありません。

カムのジャーナル部分がこの状態でエンジンかけると・・・

やばい音しますよ・・・。

何せカムがエキセンシャフトの如く動くんですから(笑)

クランクは組み立て式でベアリング支持、カムはオイルフロー・・。

それで油圧は1キロ無い状態・・・・それじゃーこんなトラブルでますよね

GS乗りの方はオイルはこまめに換えて乗ってくださいね。

あと、オイルクーラー着けてる方も気をつけてくださいね。

今日の途中経過  CB400F&GS400エキセントリックカムシャフト?


 業者様のCB400F(排気量398に構造変更)の納車整備です。


 基本整備なのですがフレームペイントのせいでアース不良発覚。

更にメインハーネスの取り回しや配線の取り回しもぐちゃぐちゃなので

ノーマルと同じように取り回しにしてOK

キャブはOHで、メインノズルを点検すると前のオーナーさんが換えたばかりみたいで

磨耗はありませんでした。

ポイントやキャブの同調もバッチリで充電電圧も調整してOKです。

カムチェーンテンショナーは(ヨンフォアの欠点)固着しかかってるので上手く押して

調整しOKです。


エンジン自体は結構調子よくて嬉しいですね。


さて、

問題のGS4000のカム・・・

ここからの話は出張修理が終わってからです。
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
プロフィール

アキラ

Author:アキラ
オートバイ全般。エンジンOH、補記類の改造及びセットアップをメインに作業しています。
旧車やハーレーの修理、NOS関連パーツ販売やリフィール。
オリジナル部品の製作販売もしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。