スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄皮を剥ぐようなスピードで

  意気消沈して

ブログを書かなくなってから季節は

二つほど進んでしまいました・・・・・。


 そんな脚はなんと

二歩進んで三歩下がるから

三歩進んで二歩下がるみたいな状況に変化しつつあります。

まぁー壊死してる骨は変わりありませんが、

ほかの骨は少しずつ修復中~

主治医も認めてくれました。

っても

まだ装具のお世話になっています・・。


 そんな時でもリハビリがてらに

たまに工具持って作業したことは近日中にアップします。
スポンサーサイト

寒い夜だから

 寒い夜だからって

訳じゃないんですが

今日の夜空は最高です。

地震は余計でしたがね・・・。


本当に今日は綺麗で澄んだ夜空ですね。

いつも、松葉杖でワンコ連れて歩き

近所にあるベンチで

夜空眺めていますよ。



 今日の本心は・・・・・・・・・
なんか内に向かってる。



低気圧が抜け、更に放射冷却との相乗効果で

松葉杖の僕には歩道橋は恐怖でした
(凍ってて滑ったんです!!)


 でも

夜空を眺めるとホッとしていつも力を分けて貰ってるような

気持ちになります。

すみません。

リハビリ?のおかげで少し元気になったかな。

ここんとこ

マイナスオーラ全開で

ブログ?

ムリでした。

 

 そこで 

自分のリハビリの為に

少しバイク触り始めました。

自宅療養で家にいるとマイナスモードで

だめだめになるので身体と頭使うようにし始めました。

クスリや心療内科に頼るのも良いんですが

自分なら身体を目一杯使って、身体を疲れさせるのが一番かな?

って

あくまでリハビリ程度なんですが・・・

久しぶりに

工具を持ちました。

日本のこの時期だからこそ   零式艦上戦闘機のお話

少しずつ

寝れそうかな?って

思うと人間逆に寝れないもんですね。

でも、20分寝て1時間起きて又ウトウトできるだけ

復活してるのかな。


そんな夜明け前の今。

こんな自分ですが、今月は日本の歴史上大事な月だと思っております。

そう、原爆投下や終戦記念日がありました。

歴史を正しい見方で再認識する時期ですよね・・日本人であるなら。



 そんな日本に今、世界唯一飛べる零戦があるのご存知ですか??

所沢航空歴史館に

アメリカ所有の零がたたずんでいます。

ーーーーーー追加文章ーーーーーーー

今月末までの展示らしいので今行かないと

当分見れないので

なんとしても見たい!!!!

しかし・・・・・・

こんな身体ですから、車もバイクも運転できないので・・


 なんとかがんばって電車で行こうとしたら

テラぽんが俺も見たいから連れて行ってあげる!と優しいお言葉。

ありがとう・・・。

そして先週のとある日に

行ってきました。


130812_135313.jpg



 結構人が多かったです。

今の宮崎アニメの影響?それとも世界唯一飛行可能な機体だから?



前から


130812_135439.jpg


追加文章はもう少しおまちくださいませ


-----------------------------------------------

 今、四時ちょっとまえ

昆虫は正直に季節の変わり目を知らせてくれます。

ヒグラシもピークすぎ、静かな羽音が夜を奏でます。




    零戦=零式艦上戦闘機

 凄いですよね・・・当時としては革新で、

秀逸・・基本設計の高さと設計者の先見性・・

名機って言葉では簡単に簡単に片付けられません。

戦争って舞台で出来た機体ですから、本来は目的は相手を倒す。

その目的に特化してるから機能の塊です。




     零は機能美。



 相手より高く、速く、遠く、強く、小さく回って堕としてやる!!って

そんな設計思想で造っているとおもいます、

そして勝たないとその国の未来は無い。

設計技師も獅子奮迅ですよね。



しかし、相手だってこっちを撃墜するつもりなんですから

・・・・ここではそんな戦争論はやめましょう。



 でも、どんな理由であれ美しいものはカッコイイし

性能のいいものはカッコイイし美しい。


    まさしく機能美。

自分がモノづくりするたびにいつも心に秘めてる詞です。





 さて、僕の見方が変なのかな・・・。




 零を見たとき悲しくなったのは2つありまして

1つは機体に星のマーク(アメリカ空軍のマーク)が有ったこと・・・。

確かにこの機体は戦時中に不時着(確かサイパン僕の記憶が正しければ?)したものですからね・・・。

操縦者は相手に渡す気持ちなんて絶対有りませんから、機体の保護と

自分の生還を考えての行動だったと思います。



この操縦者が自分の機体に星が描かれてるの知ったら断腸の想いでしょう。



だから僕の写した写真は星が写らないように撮りました。




 そして、もうひとつ。

それは世界で唯一飛べる零戦だが・・・

機体の下にはオイル漏れを受け止める受け皿が・・・。

そう、絶好調ではなく・・

延命処置を受けてる状態と同じです。


 アメリカはこの栄エンジンはプラット&ホイットニーのパクリだと主張してるらしいんですが

もし、それが本当なら

栄のオーバーホールできるはず。

しかし、出来るわけがございません。

栄は日本オリジナルエンジンです。

ハー40みたいにドイツのライセンスエンジンでもありません。(このエンジンのお話は後で)

 
 話しそれたが


この零を大切にしたいから零所有博物館も全力運転はしてないらしい(ありがとう)。



でも・・全力で翔べない戦闘機って悲しくないですか・・・。

本来は大空を

縦横無尽に翔びまわる飛行機。


 今の技術なら3次元測定や材料解析すれば余裕なはず

そして構造的には昔も今も変ってないんですから・・・・。

スバル(中島飛行機)と三菱重工業。

なんとかお願いします。


これが世界を震撼させた日本の底力って

今の時代にアピールしましょうよ。

所有は日本じゃございません(残念です)がね。

歴史のなかでは日本のモノです、確かに直すとなったら億単位の金かかるはず。

でも

やったら

歴史的にも名を残すんじゃないのかな・・。






 PS





 もし、零が全開機動して

木の葉落とし等見せてくれたら

俺、泣いちゃうかもな・・・。










 

テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

オーバーヒートにご注意?オーバーヒート対策改訂版

 連日の猛暑・・・・

お疲れ様です!山梨で38度が4日間!!東京も猛暑日が同じ・・。

人間も犬もバイクもキツイですね。


 俺が生まれた北海度や育った青森じゃこんな暑さは絶対に無いですね・・??

いや、温暖化の影響で10年後・・・・判らないですね・・・。



 この暑さでは空冷のリッタークラス、水冷のフルカウル共々

いやヘルメット被ってる事態が暑苦しい・・・。

そして信号待ち、いや走っててもヒーター抱えて走ってるようなモンですからね。

皆さん水分、塩分は十分に摂ってくださいませ。






 

 さて自分修理中の俺は暑くないんじゃない?って想ってる方いませんか。

仕事しないで家にじっとしてるんですから、そう想われても仕方ありません。

しかし、自分修理のために使ってるのが『ギブス』。


 そのギブスの作り方は

丁寧にチューブソックスみたいのはいて、

脱脂綿で出来てる緩衝材みたいのぐるぐる巻いてから

キャストテープなるギブスをぐるぐる巻きます。

巻き上がり後10分ほどで完全硬化しピッタリフィットしてるので

メチャクチャ軽いスキーブーツはいてる状態と同じです・・・・。

このクソ暑いのにスキーブーツ!?想像できますか?・

しかも膝下まで・・・

モチロン暑い×熱い=地獄。

炎天下を松葉杖でギブス巻いて歩くと汗が滝のように出ます。





  夏用のギブスって無いの?


 ギブス巻いてるときに先生に問いかけたんですよ!

洗えるギブスはあるらしいのですが(韓国製)、洗えたって中に

綿やチューブソックスみたいの入れるから乾燥もままならないから

意味無いですね(笑)

 そのキャストテープ巻いてる時に2ロールで通常終わるんですが

もう少し強度欲しいから後1巻き巻いてくれません?と。

先生は了承してくれ厚さ1.5倍のギブス完成。

薄くして暑さを減らすんじゃないの?って事はしません。


 オーバーヒート対策は

熱の抜け穴作る!!

前回のギブスに穴開けて暑さ対策してたんですが、強度的にどうなんだ?

って感じて穴の数少なかったんですよね。

因みに初期型

130711_133310.jpg

http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=message
これでも大分助かりましたよ。

よって今回は超音波治療の為に、でかい穴×2バージョン


追加文章製作中少々お待ちくださいませ

------------------------------------------------------------------------------------
って二日以上経ってます・・・
ごめんなさい・・。

ちょっと調子が悪くて・・・・・。





 また、電話が鳴ってると思い電話取るが
なってない・・
鳴ってるように聞こえたんだが・・。

それでバイブモードにしてると
バイブ鳴ってると思い電話見ると鳴ってない・・
又始まったのかな・・。
これは本人しか解らない事なのか・・。




 とりあえず汗冷システムは人間を冷やす為に
汗かきます。
理由はその汗の気化潜熱(蒸発潜熱とも言う)で冷やします。

 簡単に言えば
汗が蒸発する際に必要なエネルギーを奪って(吸い取る)蒸発し
冷やすって事です。
人間は汗かかなくなると体温コントロールできなくなるから危険です!!。
汗でべとつくと不快だが
身体的には絶対大事なことです。
その汗が行なう作業が
気化潜熱です。


 気化潜熱を説明するんですが
ジャンル超えます。
まー使用例なんですが
最高速やドラッグなどの短時間競争では
吸入空気温度下げる為に
インタークーラーのウォーターインジェクションやNOS、などの
噴射します。
 
水、もしくは亜酸化窒素(NOS)を空冷式インタークーラーに噴射すると
その気化潜熱で吸入空気温度下がり
吸入空気の有効酸素が増えますから
同じ空気の量に対してパワー出せますね(もっと難しい話なんですがはしょります)

 そして、今の僕にそんな大それたシステム出来ないから
答えは空冷の為に冷却面積増やすしかないんですよね。
よって放射面積増やすしかないんです。

結果は

これ

130718_030014.jpg


前回より放射場所と面積カイゼンです。


右は


130718_025940.jpg


すいません
調子悪くて
作業の進捗はだめです・・・。
しかし途中だが
あの、猛暑は何とかしのぎましたよ。
右側はキチンと処理して
更に追加で4箇所開けるので
なんとか更なる猛暑乗り越えます!!



 って言うか
開発者や開発企業がもう少し
使用環境を想定して、実際に開発者自ら
こんな夏を経験してもらいたいですよね。

たったキャストテープの強度上げて
織目を大きくし、サマーセーターの縫い目のように
地肌への接触面積を増やすようにすれば
問題無いはずなんだがんね・・。

たったそれが出来ない為に
装着者自らカイゼン作業しなきゃならないんですから
困ったモンです。
『スーモ』オリジナルブログパーツ
不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)
プロフィール

アキラ

Author:アキラ
オートバイ全般。エンジンOH、補記類の改造及びセットアップをメインに作業しています。
旧車やハーレーの修理、NOS関連パーツ販売やリフィール。
オリジナル部品の製作販売もしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。